子供は、年齢で呼び名が変わってきます。※一般に小児科で診察するのは15歳までとなっています。その名の通りです。※それから、1歳を過ぎて小学校前までが幼児と言います。幼児の時期に発生率が高い病気があります。重い病気を挙げると、「細菌性髄膜炎」があります。重い病気として知られています。(汗)※それから、小学校になると「児童」と呼ばれます。※(注意):児童は、小児科での呼び名ではありませんよ。小児科と大人の為の診療科で大きく異なっていることがあります。それは、子供の年齢により体の作りが変わっていくことですね。子供の一番の特徴としては、成長にあります。だれでも同じ事が言えます。体の外見、内部が成長していきます。この様な視点に立つと、小児科医とそれ以外のお医者さんは役割が違ってきます。また、小児科医は、子供に関する全ての診療を行います。ですから、守備範囲は広いと考えることができます。日本中の小児科医が不足していると言われていますが、残念なことですね。特に若いお医者さんが少なくなっていると言います。(汗)少子化が進んでいることも原因の一つとしてあります。ですから、将来への希望が持てないのかもしれませんよね。(汗)しかし、小児科医を目指そうとしている人については、少なくないはずです。(笑顔)日本の将来は、子供たちにあります。小児科医の先生たちが希望を持って医療に当たれる社会環境を作ることが大切です。(笑顔)

関連ページ